mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の葬儀の形とは

代表的な葬儀の種類

昔の日本人の葬儀形式はほとんどが仏式葬儀でしたが、現在は多種多様な形式が存在します。現代の代表的な葬儀形式を一覧で紹介します。

仏式葬儀

一般的な仏教形式の葬儀です。日本人には今でもこの形式が最も多い。

キリスト教式葬儀

キリスト教形式の葬儀です。大まかに分けると、カトリックとプロテスタントがあります。

故人がキリスト教徒で、遺族がそうではない場合でも、キリスト教式の葬儀を行う事が出来ます。

神式葬儀

神道形式の葬儀で、清拭には「神葬祭」と言います。神道形式のため神社で行いそうですが、実際は自宅か斎場で行います。

お別れの会

お別れの会は厳密には告別式の事で、今までの形式的な告別式ではなく、もっと自由な方法で故人を偲ぶという考えから生まれました。

葬儀は基本的に密葬や家族葬のスタイルで行い、後日お別れの会と称し、家族、友人知人を呼んだ会を開きます。

生前葬

その名の通り生きている内に行う葬儀の事です。自分が元気な内にお世話になった友人知人、恩人に、直接感謝の意を伝えるために行われます。

他にも残された家族の負担にならないように、余裕のある内に葬儀を済ませておく、という配慮から行われる場合もあります。

自由葬

無宗教葬とも呼ばれ、宗教や形式にとらわれない葬儀です。元々日本人には無神論者が多く、自分らしい葬儀をと希望者が増えています。

葬儀の進行、段取り、飾り付け(祭壇)なども決まった形式は無く、全くの自由です。決まりが無いだけに、事前に内容を決めておかないと、その時になって慌てる事になってしまいます。

密葬・家族葬

故人の家族、ごく近い縁者、友人のみで行われる規模の小さい葬儀です。基本的に儀礼的な事は一切省き、病院から自宅に搬送、一晩故人と家族が一緒に過ごし、翌日火葬という流れになります。

近親者のみで執り行う家族葬もあります。密葬は友人知人なども含まれるため、密葬よりも範囲を狭めた葬儀形式になります。最近は葬儀を自分と親しい人だけ、規模も小規模でと考える人が増えたため、急速に広まってきました。

家族葬と言いつつ、付き合いの深かった他人も入れる事もあり、密葬と混同される事も多いようです。

密葬には気を付けておくべき点がいくつかあります。
●知らせる人間の範囲
密葬では、故人の死亡を教える親戚、友人知人の範囲は非常に狭いため、知らされなかった人から文句を言われる可能性もあります。伝えるべき人にはしっかり伝えておきましょう。

●香典は受け取るのか?
普通、密葬では香典は受け取りません。出したいという人がいても、しっかり断る事が必要です。あの人からは受け取ったが、この人からは受け取らなかったと、いらぬトラブルを起こす原因になります。

●新聞の死亡記事には載せない
新聞を見た人から連絡が入ったりして、家族だけの葬儀は不可能になるかも知れませんから、死亡記事には載せないようにしましょう。

直葬(ちょくそう)

葬儀とそれに関する儀式を行わず、死者を病院から直接火葬場へ搬送し、そのまま火葬を済ませます。つまり直葬は厳密に言うと葬儀には当たりません、葬儀に関する一切を省いているわけですから。

自然葬・散骨

海や山などの自然の中に遺体や遺骨(遺灰)を還す葬儀。自然葬には色々な定義がありますが、日本では一般に粉末状に砕いた遺骨を、海や山といった自然の中に散布する方法を指します。

葬儀形式のトレンド



上図は、2009年度の「全国儀式サービス」による、望む葬儀スタイルのアンケート結果です。

今でも一番多いのは仏式葬儀となっていますが、2位の家族葬・密葬に肉迫されています。それ以下も宗教色の薄い、従来とは違う葬儀スタイルが望まれているのが分かります。

平成13年度「東京都生活文化局調べ」によると、葬儀を「故人とお別れする慣習的なもの」と考えている人の割合は、70代では54.5%、20代では76.9%となっています。葬式、葬儀に関して若い人ほどドライな感覚を持っているようです。そもそも70代でさえ半数以上の人が、お葬式というイベントを何か宗教的な特別な事とは捉えていないのが現実なのです。

現代は形式的で堅苦しい葬儀ではなく、低予算で済み、興味の無い宗教色は除いた、自分達の納得出来る葬儀が求められているという事でしょう。これが現代の葬儀形式に対するトレンドなのです。

簡素化が進む葬儀



ここ数年葬儀に対する意識、考え方に大きな変化が生じています。上図は「日本消費者協会」が2010年に実施した、「葬儀についてのアンケート調査」の結果です。見て分かるように「形式やしきたりこだわらない」という人が半数以上となっており、昔のような大がかりな葬儀は敬遠されているのが分かります。

背景にあるのは、高齢化と核家族化です。現在、亡くなる人の半数が80歳以上であり、当然遺族(配偶者、子供)も高齢に達しており、大がかりな葬儀をするには大変。友人知人も既に死亡しているケースが多く、遠方に住む親兄弟はすぐに駆けつける事も出来ない。こうなると参列者の数は少なくなり、自然と小規模の葬儀が志向されるようになりました。

葬儀費用の低価格化が進んでいる

さらに長引く不況の影響もあります。一般的な葬儀費用は200万円程度ですから、お金のない家は葬儀を簡素にするしかありません。直葬(臨終からすぐに火葬を行う)であれば、火葬料、搬送料、その他諸々で20万~30万円程度、家族葬でも最低40万円程度から行う事が出来ます。

こういった状況から、葬儀に関する費用はここ5年間で約30万円以上低下しているのです。

弔問客数と年賀状

よく葬儀の規模を推定する方法として、生前に取り交わした年賀状が参考になるというものがあります。年賀状を送るくらいですから、それなりに親しい間柄であり、その数から葬儀の弔問客数が予測出来るというものです。確かにある程度の目安として活用出来るかも知れませんが、当てにならないという意見もあります。

有り体に言ってしまえば、生前は親しくするだけの価値のある人も、亡くなってしまえば利用価値が無くなる。利害関係だけで付き合っていた人は参列しないという事です。逆に本人ではなく妻や子が亡くなった時の方が弔問客は増えると言われています。

葬儀は故人の遺志を尊重する

葬儀を誰のためにやるかと問われれば、それは間違い無く故人のためにするものです。葬儀形式をどのようなものにするかは、故人の遺志を尊重しましょう。経済的な面や物理的な面から、どうしても故人の遺志に則った葬儀を行えないケースを別として、基本的には生前の故人が希望していたスタイルで行うのが望ましいでしょう。

スポンサード リンク