mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険の契約者貸付とは?

生命保険でお金が借りられる

保険は解約した時に解約返戻金が戻って来ますが、その解約返戻金を担保にお金を借りる制度です。借りられる金額は解約返戻金の70%~90%(保険会社や商品によって異なる)が相場で、保険証書に書かれた「保険契約者」のみが借り入れる事が出来ます。

保険で借りるお金の金利は安く、大手では保険の予定利率の1%~2%程度を上乗せした額です。つまり、予定利率が高い保険を担保にする場合、支払う金利も高くなります。予定利率が2.5%の保険を担保にする場合、金利1%を上乗せされても3.5%ですから、保険の契約者貸付はかなりの低金利で借り入れる事が可能です。

担保にする生命保険は解約の必要はなく、一般的なローンと違い返済期限がありません。好きな時に一部、または全額返済すれば大丈夫です(借入金と利息が積立金を上回った場合は別)。契約者貸付は簡易保険や学資保険なども可能です。

手続きは、

1.保険会社から契約者貸付に必要な書類を取り寄せる。
2.申込書に必要事項を記入、捺印。
3.保険会社に提出。
4.手続き後、1週間程度で指定口座に振り込まれる。

返済は色々あり、

○ネットバンキングから返済。
○提携ATMから返済。
○保険会社の窓口に持参。
○専用振込用紙を使って返済。

などがあります。

予定利率は保険会社の予測運用利回りですから、景気の良かった昔に契約した保険ほど高いのが普通です。予定利率に関しては保険料の決まり方をご覧下さい。

スポンサード リンク