mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

遺族年金も考慮に入れる

年金制度には遺族年金がある

公的年金というと定年後に貰えるというイメージが強いですが、これは老齢年金と言い、これ以外にも障害年金や遺族年金があります。

サラリーマンなどなら厚生年金保険料を支払い、自営業者なら国民年金保険料を支払っています。遺族年金は意外に頼れる年金制度ですので、万が一の時どれ位の保障があるのかしっかり確認しておきましょう。

遺族基礎年金

子供が満18歳まで支給。
妻、子だけで夫は貰えません。
遺族年金を貰うためには保険料納付要件を満たす必要があります。サラリーマンの場合給料から天引きされるため心配はありませんが、自営業者などの場合はくれぐれも気を付けましょう。
基本額 子の加算 支給額
子供が一人の場合 792,100 227,900 1,020,000
子供が二人の場合 792,100 227,900+227,900 1,247,900
子供が三人の場合 792,100 227,900+227,900+75,900 1,323,800

3人以降は一人増えるごとに75,900円が追加されていきます。

遺族厚生年金

サラリーマンの場合、遺族基礎年金+遺族厚生年金が貰えます。遺族厚生年金は生前の給与によって決まります。

支給条件は、恒常的に850万円以上の年収の無い配偶者(夫の場合は55歳以上)、18歳未満の未婚の子(障害者は20歳)、18歳未満の未婚の孫(障害者は20歳)、55歳以上の父母、祖父母です。

遺族共済年金

公務員の場合、遺族基礎年金+遺族共済年金が貰えます。

対象は配偶者、18歳未満の子、父母、祖父母です。

中高齢寡婦加算制度

夫死亡時に35歳以上であった妻、35歳になった時に18歳未満(障害者は20歳)の子供がいる妻は、40歳から老齢年金支給が始まる65歳まで中高齢寡婦加算59万4000円が支給されます。

スポンサード リンク