mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

終身保険とは?

終身保険の仕組み

終身ですから加入者がいつの時点で死亡したり高度障害状態になっても保険金が受け取れる保険です。人間は必ず死亡するため必ず保険金を受け取る事が出来ます、それは保険会社からすれば必ずお金が出ていく分けですから、当然保険料は定期保険よりも高くなります。養老保険よりは安いです。

保険料支払い方法には、ある年齢まで保険料を払う「有期払い」と契約が続いている限り払い続ける「終身払い」があります。同じ保険金額なら終身払いの方が保険料は割安となります。

○メリット
掛け捨てではなく積立。
中途解約した場合解約返戻金が出る。

○デメリット
保険料が高め。

終身保険は死後諸々の費用に向いている

人間が死亡すると色々なお金が掛かってきます、葬式代、墓石代、その他諸々。これらの費用として終身保険は向いています。

終身保険は掛け捨てではない

掛け捨てではない終身保険は、解約した場合返戻金が支払われます。戻ってくるといっても支払った保険料全額ではありません、が、保険期間が経過するほど返戻率は上昇し、7割近くに達する場合さえあります。そのため、もし加入期間中に事故や病気にかかり、突然大きなお金が必要になったとしても、保険を解約する事である程度のまとまったお金を手にする事が出来ます。

契約者貸付

契約者貸付とは、養老保険や終身保険などの貯蓄性のある保険に加入している場合に、それまでに貯まっている解約返戻金を担保にしてお金を借りる事を言います。

突然大きなお金が必要になった時には便利な反面、自分のお金を金利を払って借りる事になるという事は理解しておくべきです。

配当

保険会社は徴収した保険料を様々な形で資産運用します。その予測される運用利率を予測利率と言い、運用し結果それ以上の運用益を上げた場合、その一部を配当として保険加入者に還元したりします。

終身保険には「5年ごと利差配当終身保険」と「無配当保険」があり、配当がありのは5年ごと利差配当の方です。無配当保険は配当こそないものの、その分保険料は安くなっています。今はバブル期と違い中々利益を上げるのが困難な時代です。ならば無配当でも保険料の安い無配当保険に入る方が得だ、という判断も成り立つでしょう。

スポンサード リンク