mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

通夜ぶるまいとは?

通夜ぶるまいの基本

通夜終了後、僧侶や弔問客を別室へ案内し、料理やお酒を振る舞う事を通夜ぶるまいといいます。この時、僧侶には最上席に座ってもらうのがマナーです。僧侶が通夜ぶるまいを断ってきた場合は、「御膳料(おぜんりょう)」と「御車代」を包んで渡します。この時の封筒は白封筒を使い、御膳料は五千円位が相場です。御車代は距離に関係無く五千~一万円程度で、こちらで送迎したとしても渡すのが普通です。

ここで通夜分のお布施を渡す事もありますが、普通は葬儀終了時に一括で渡します。お布施や謝礼は感謝の意を表すのであって、相手の不幸ではありませんから、白封筒か半紙に包んで渡します。不祝儀袋は使ってはいけません。

元来は肉や魚のなまぐさものは避け、精進料理を振る舞っていましたが、今ではこれといった決まりはありません。こういった席で酒類が出るのは違和感があるかも知れませんが、死の穢れを清める意味で、日本酒やビールを用意します。

通夜ぶるまいは宴会ではない

通夜ぶるまいは飲食を楽しむためではなく、弔問客への感謝の気持ちと、故人の想い出をしめやかに語る席ですから、騒いだりしないようにしましょう。最近は、通夜ぶるまいは行わず、代わりに粗供養品(そくようひん)を渡すだけというケースも多くなってきました。

通夜ぶるまいは弔問客に対する席ですから、世話役などの裏方さんは同席出来ません。世話役の人達には別室でお弁当を振る舞います。

通夜ぶるまいの終了

飲食、故人の思い出話なども大体終わり、通夜ぶるまいの予定時間を少し過ぎた辺りで、喪主がお開きの挨拶を行います。一般的に通夜ぶるまいは午後6、7時から1~2時間くらい行うのが多いようです。挨拶では以下を伝えます。

1.滞りなく済んだお礼
2.通夜ぶるまい終了の旨

場合によっては葬儀、告別式の日時や場所を伝えてもよいでしょう。

僧侶、弔問客が帰る時は喪主、遺族は見送ってはいけません。見送りは世話役が遺族に代わり行います。これには遺族は死の穢れを纏った身をつつしむ、どの弔問客にも平等に応対する(喪主は忙しく、全ての人を出迎えたり見送るのは事実上不可能)という理由からです。喪主は帰る弔問客に、座ったまま黙礼で答えます。

スポンサード リンク