mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

通夜の進行

通夜の大まかな流れ

ここでは通夜の流れについて解説します。まず通夜の受付を開始しましょう。弔問客への受付は、通夜の30分前から開始します。同じく通夜開始の30分前には到着してもらえるよう、僧侶に連絡をしておきます。

僧侶が到着したら控え室へ通し、祭壇や飾り付けを確認してもらいましょう。僧侶、及び弔問客を出迎えるのは世話役であり、喪主、遺族は出迎え、見送りともに行いません。

喪主・遺族着席 15分前

喪主、遺族は祭壇の向かって右側に座り、続いて近親者が血縁の濃い順に座ります。世話役、友人知人、職場関係者は左側に座り、一般参列者はその後ろに座ります。

喪主や遺族は開式の15分前に、一般参列者は開始5~10分前には席に着きます。

焼香の席次の図

僧侶の入場 通夜開式

参列者一同が席についた後、僧侶が入場します。

読経

僧侶の読経が始まります。おおよそ30~40分位です。そして読経が終わると、最初に僧侶が焼香を行います。

焼香

焼香にも順番があります。まず喪主、遺族、近親者が席順に行い、その後、一般弔問客が祭壇に進み焼香します。弔問客は焼香の前後に遺族に対し黙礼し、遺族は座ったまま黙礼で答えます。

階乗が狭い時には「回し焼香」という、お盆に載せた香炉を参列者に回して焼香をする場合もあります。

通夜の終了

全員が焼香を終えると、僧侶が退席し、通夜は終了となります。

通夜挨拶

僧侶の読経と全員の焼香が済んだら、通夜ぶるまいに移る前に弔問客に対し、喪主が挨拶を行います。この挨拶には以下の内容を含めます。

1.弔問に対するお礼
2.生前の付き合い、闘病中のお見舞い等に対するお礼
3.葬儀(告別式)の案内
4.通夜ぶるまいへの案内

これらを意識して、手短に行います。

神式の通夜・通夜祭の流れ

神式の通夜は「通夜祭」と言います。通夜祭は儀式を司る神官である「斎主(さいしゅ)」「祭員(さいいん)」「聖歌隊の楽員」、さらに喪主、親族などの参列者が「手水の議(てみずのぎ)」を行ってから、祭壇前に着席します。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

通夜祭が始まると、まず斎主が祭詞(さいし)を唱えます。斎主に従って喪主から順に、仏式通夜での焼香にあたる玉串奉奠を行います。

玉串は榊の小枝に紙垂(しで)や木綿(ゆう)を付けたもので、神前にお供えする米、酒、魚などと同様の意味があるとされています。上図。紙の部分を紙垂、全体を玉串と呼びます。玉串奉奠とは、玉串に己の心をのせ、神に捧げるという意味が込められています。

■玉串奉奠のやり方

順番がきたら神職、遺族に一礼し、神官から玉串を受け取ります。受け取った玉串は右手は上から根本を持ち、左手は下から中央付近に添えます。

祭壇の前まで来たら、玉串を右に回転させて根本を自分側に持ちます。そして根本を持つ右手を上へスライドさせ、右手で葉の部分を持ちます。

持ち替えた玉串を時計回りに180度回転させ、上下逆にして祭壇に捧げます。捧げたら「二礼二拍手一礼」の拝礼を行います。やり方は、二回90度の礼をし、二回拍手し(忍び手と言い音を出さずに行う)、最後にもう一度90度の礼をします。終わったら喪主、遺族に一礼して席に戻りましょう。

玉串奉奠の詳しいやり方は通夜の作法をご覧下さい。

遷霊祭(せんれいさい)

通夜祭の中で遷霊祭が行われます。遷霊祭は故人の魂を遺体から霊璽(神道の位牌に相当)に移すための儀式です。室内の明かりを全て消し、暗闇の中で遷霊(みたまうつし)の詞を奏上し、降神の儀を行います。

直会(なおらい)の儀

仏式葬儀で言う通夜ぶるまいになります。内容も仏式と同じようにして構いません。

カトリックの「通夜の集い」の流れ

カトリックでは「通夜の集い」と呼び、プロテスタントでは「前夜式」と呼ばれています。まずカトリックの通夜の集いから解説します。

カトリックでは通夜のしきたりというのは得にありません。自宅、もしくは教会で神父と供に祈りを捧げるだけです。納棺については通夜前に行うケースと、通夜後に行うケースがあり、通夜前が一般的です。

参列者一同で聖歌を斉唱

参列者一同で、渡されたプリントを片手に聖歌を歌います。

神父の聖書朗読、説教

そのままです。説教と言っても誰かを怒る、叱るという意味ではありません。終わったら全員で祈ります。

参列者の献花

最後に参列者全員が献花を捧げ、通夜の集いは終了となります。

プロテスタントの「前夜式」の流れ

プロテスタントの前夜式は納棺式と兼ねたり、引き続き納棺式が行われます。

参列者一同で賛美歌を斉唱

棺を安置した部屋に遺族、近親者、友人が集まり、牧師の前夜式宣言で始まります。最初に賛美歌の斉唱を行います。

聖書の朗読

一同で聖書を朗読し、牧師が主に対する祈りを捧げ、再び聖書を朗読します。さらに牧師による祈祷があり、賛美歌を斉唱します。

参列者の献花

最後に参列者全員が献花を捧げ、前夜式は終了となります。

スポンサード リンク