mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

香典の包み方

香典とは

香典は、故人に香をお供えする代わりに、現金を包むという意味があります。つまり香典は、死者の霊を供養するお香料という事になります。

香典の書き方

まず表書きは仏式では「御香典」「御香料」などで、キリスト教では「御花料」などを使います。「御霊前」は共通で使え便利ですが、浄土真宗のみ「御仏前」とします。下段には会葬者のフルネームを書きます。中央部に薄墨で書き、ボールペンは使用してはいけません。

弔事の水引の結び方は「不幸が二度と無いように」という意味で、ほどけない「結び切り」か「あわじ結び」にし、のしはつけません。水引の数は5本、7本など奇数にし、本数が多いほどより丁寧であるという事になります。一般的に仏式では黒白か双銀(銀一色)、神式では黒白か双白(白一色)が使われます。キリスト教式では水引は使用しません。

香典の書き方・表書き

連名といって2、3人で香典を出す場合は、全員の名前を目上の順で右側から書きます。4人以上の場合は、代表者名を書き隣に「外一同」と添えます。そして半紙や白い便箋に全員の氏名住所を書き中にいれます。この時も目上の人から順に右から書きます。

連名の香典の書き方1

連名の香典2

中袋には氏名、住所、金額を書きます。これは遺族が香典整理をする時に使用します。お札は向きを揃えて人物が書かれている表側を、中袋の裏側に来るように入れます。新札を包むのは失礼に当たり、新札しかない場合は折り目をつけて入れます。

中袋の書き方

香典を自分で包む

今は市販の香典袋を使う事が多くなりましたが、金額が高額な場合には高級和紙を使って包みます。

左側から3~4cmずらし、手前の紙を上から被せるように折ります。そして左側の紙を右へ折ります。 香典の包み方1
右側の紙を左に折ります。 香典の包み方2
下から上に折ってお札を巻き込みます。 香典の包み方3
最後まで巻き込んだら縦にして、正面から見て三角形が右下にくるようにします。 香典の包み方4


表包みの折り方は以下です。

内包みを奉書に乗せ、右側から折り、次に左側を折ります。 表包みの折り方1
次に下側から折り返します。最後に上側を下側に被せるように折ります。 表包みの折り方2

ふくさの包み方

香典は裸で持つのではなく、ふくさに包んで持ちます。弔事では黒や紺、灰色、紫など地味な色を用います。

左につめが来るようふくさを菱形に置き、中央に香典袋を置きます。 ふくさの包み方1
まず右側を折ります。 ふくさの包み方2
次に下を折ります。 ふくさの包み方3
上を折ります。 ふくさの包み方4
左側を折ります。 ふくさの包み方5
最後につめを右側にして包みます。 ふくさの包み方6

香典に包む金額

一般的に香典の金額は、故人との生前の関係に応じて決まります。また弔問する人の社会的地位や経済力、喪家の格式や葬儀の規模によっても変わります。同じ上司や部下であっても親しさにより違うでしょうし、両親も同居別居で違ってきます。下は一般的な香典額の目安です。

自分との関係
自分の年齢
20代 30代 40代 50代 60代以上
祖父母 10,000円 10,000円 10,000円 30,000円
50,000円 100,000円 100,000円 100,000円
兄弟姉妹 30,000円 50,000円 50,000円 50,000円
叔父叔母 10,000円 10,000円 10,000円 30,000円 30,000円
上記以外の親戚 10,000円 10,000円 10,000円 30,000円 30,000円
職場関係 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円 10,000円
勤務先社員の家族 3,000円 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円
友人、その家族 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円
隣人、近所 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円

スポンサード リンク