mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

通夜の作法

焼香のやり方

焼香は釈尊の時代から行われていた仏を供養する儀式であり、仏教伝来とともに日本に入ってきました。現代の焼香は、香りを使って仏様を清めるという意味があります。

焼香には大別すると「立札焼香」「座礼焼香」「回し焼香」の3つがあります。立札焼香は立って、座礼焼香は座って焼香を行います。回し焼香は香と香炉が一つになった物を参列者に回し、焼香を行う方法です。主に通夜の会場が狭い場合に採用されます。

■立札焼香
遺影を仰いで一礼した後、左手に数珠、右手3本の指で香をつまむ。 立札焼香の図1
軽く頭を下げ、つまんだ香を目の高さまで上げる。 立札焼香の図2
香を香炉にくべる。この一連の動作を宗派別の焼香回数行う。 立札焼香の図3
合掌し故人の冥福を祈ります。終わったら数歩下がり、遺族に一礼して席に戻りましょう。 立札焼香の図4


■座礼焼香
中座で進み、霊前手前で遺族と僧侶に一礼します。 座礼焼香の図1
遺影を仰ぎ合掌します。 座礼焼香の図2
香をつまみ、目の高さまで上げ、静かに香炉にくべます。この一連の動作を宗派別の回数行います。 座礼焼香の図3
遺影を仰ぎ合掌します。 座礼焼香の図4
数歩下がって遺族と僧侶に一礼し、席に戻ります。 座礼焼香の図5


■主な宗派別の焼香回数
浄土宗 特に決まっていないが、1~3回程度。
浄土真宗本願寺派 1回(額におしいただかず)
真宗大谷派 2回(額におしいただかず)
真言宗 3回
曹洞宗 2回(1回目は額におしいただき、2回目はおしいただかず)
日蓮宗 1回または3回
日蓮正宗 3回
天台宗 特に決まっていないが、1回または3回。
臨済宗 1回

数珠の使い方

数珠は念珠とも呼ばれ、古代インドのヒンドゥー教に使われていたものが、密教を経て仏教に伝わったものと言われています。インドから西にも伝わり、イスラム教では「タスビーフ」、キリスト教では「ロザリオ」として十字架と組み合わせたものが使われています。

数珠は宗派により形が違うため、自分の宗派に合った数珠を持つのが好ましいでしょう。正式な数珠は「本連数珠」と言い、108珠が連なったもので人間の煩悩の数と同じになっています。一般的に最も使われるのが「片手数珠」と呼ばれる物で、20~40珠の片手で持てる小型の数珠です。

数珠の持ち方ですが、座っている時は左手首にかけて持ち、歩く時は房が真下にくるように左手で持ち、長い場合は二重にします。

数珠の持ち方1

合掌で使用する時は、房が真下にくるようにして、両手の親指と人差し指ではさみ、親指で軽く押さえるようにし、両手を綺麗に合わせます。宗派によっても多少使い方に違いがあるようです。

数珠の持ち方2

玉串奉奠のやり方

神職に一礼し玉串を受け取る。右手は根本近くを上からつまみ、左手は下から支える。 玉串奉奠のやり方1
目の高さまでおしいただき、根本が手前に来るように右回りに90度回転させます。 玉串奉奠のやり方2
左手で根本をつまみ、右手を葉の下から支える形に持ち変えます。 玉串奉奠のやり方3
玉串を右回りに180度回転させ、根本を祭壇に向け、祭壇の前の台に置きます。

数歩退き深く2礼します。しのび手で2拍手、深く1礼してから数歩下がり、遺族に礼をし、席に戻りましょう。
玉串奉奠のやり方4

キリスト教式の献花

係の人から花の部分が自分から見て右側になるよう両手で受け取る。 キリスト教の献花の仕方1
遺影を仰いで一礼し、根本が祭壇に向くよう右回りに90度回します。 キリスト教の献花の仕方2
左手の甲を下に向け、右手で支えるようにして献花台へ添える。
軽く頭を下げ黙礼し、その後、深く一礼して数歩下がり遺族に一礼します。
キリスト教の献花の仕方3

スポンサード リンク