mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

遺言書の書き方

遺言の種類と方式

遺言書と一口に言ってもいくつか種類があります。

■普通方式
一般的な遺言書で、健康に暮らしている人が作成します。

■特別方式
緊急時に作成する遺言書です。

大別すると上記の2つがあります。それぞれ書き方が違うため気を付けて下さい。

遺言書
普通方式 特別方式
自筆証書遺言書 公正証書遺言書 秘密証書遺言書 危急時遺言(臨終遺言) 隔絶地遺言
難船危急時遺言 一般危急時遺言 伝染病隔絶地遺言 船舶隔絶地遺言

普通方式の遺言書

一般的に遺言書を書くというと「普通方式」の遺言書を指します。普通方式の遺言には「自筆証書遺言書」「公正証書遺言書」「秘密証書遺言書」の3つがあります。

自筆証書遺言書

自筆証書遺言書とは、証人を立てる必要もなく、最も簡単に書く事が出来る遺言書です。遺言者が全文自筆で書き、日付を記入、署名、捺印します。パソコンやタイプライターを使って書かれた物は無効になるため注意が必要で、用紙、筆記用具の制限はありません。

封を開ける際や効力を発揮させるためには、家庭裁判所の検認が必要となります。

メリット 費用が少なくてすむ
証人が不要
作り直しが容易
遺言内容を秘密に出来る
デメリット 記述方式の不備で無効になるリスクがある
未発見、変造のリスクがある
証人の有無 不要
署名・押印 両方必要
封印 不要
保管 本人、推定相続人、遺言執行者、受遺者、友人等
家庭裁判所の検認 必要
作成費用 公的なものは無い
難度 簡単

公正証書遺言書

公正証書遺言書とは、公証役場で証人立ち会いのもと、公証人が遺言者の口述を筆記して作成する遺言書です。遺言書は公証役場で20年間保管し、紛失、変造の心配をしなくてすみます。

作成には費用が掛かり、公証人の他に2人の証人が必要となります。

メリット 公証人が作成するため有効な遺言を作成出来る
紛失しても再発行してもらえる
デメリット 煩雑で面倒
費用が掛かる
証人の有無 2人以上必要
署名・押印 本人、証人、公証人の署名、実印が必要
封印 不要
保管 原本は公証役場、正本と謄本は本人などが保管
家庭裁判所の検認 不要
作成費用 公証役場手数料16,000円~
証人依頼代
難度 難しい

秘密証書遺言書

秘密証書遺言書とは、遺言書の内容は秘密にしたまま、その存在のみを証明してもらう遺言書の事です。

遺言者が自ら作成した遺言書を公証人に持っていき、内容は伝えないまま、その存在を確認してもらいます。公正証書遺言書のように存在を証明してもらえ、且つ内容が人に知られずにすみます。生前、遺言内容が元でトラブルが起きそうな内容の場合に有効となる方式です。

遺言者が作成した遺言書の封印に署名、押印し、公証人と2人以上の証人に提出して、自分の遺言書である事を告げて署名、押印をもらいます。秘密証書遺言書は公正証書遺言書と比べて、公証役場で作成する点は同じですが、内容を公証人が確認出来ないため、書き方に不備があると無効になる可能性があります。自筆証書遺言書とは違い、自筆、代筆、パソコンで作成しても構いません。署名は自筆でなくてはなりません。

メリット 遺言内容を秘密にして作成出来る
公証役場に提出するため作成日が特定可能
デメリット 記述方式の不備で無効になるリスクがある
未発見、変造のリスクがある
証人の立ち会いが必要
証人の有無 2人以上必要
署名・押印 本人の封印に署名、押印が必要
証人、公証人は封書に署名、押印が必要
封印 必要
保管 本人、推定相続人、遺言執行者、受遺者、友人等
家庭裁判所の検認 必要
作成費用 公証役場手数料11,000円
証人依頼代
難度 やや難しい

特別方式の遺言書

特別方式の遺言書は、病気や事故などで死期が迫っている場合や、船舶や感染症病棟内など隔離された所にいる場合などに適用される方式です。

特別方式で書かれた遺言書は、その後、普通方式の遺言書を作成出来る状態になり、6ヶ月以上生存している場合、その遺言は無効となります。

特別方式の遺言 内容 証人
一般危急時遺言 疾病その他の事由により、死期が迫った人が作成する遺言書。 3人以上必要
難船危急時遺言 船舶遭難の場合、船舶中に死が迫っている人が作成する遺言書。
伝染病隔絶地遺言 伝染病で交通手段の絶たれている人が作成する遺言書。
船舶隔絶地遺言 船舶内にいる人が作成する遺言書。

証人の資格のある人

自筆証書遺言書以外の遺言では、作成において証人が必要になります。証人はどんな人でもなれるわけではなく、法律で定められた条件があります。

以下が証人になれない人です。

1.未成年者
2.遺言内容に利害を有し、自分に有利になるよう誘導する恐れのある人
3.公証人の配偶者、四親等内の親族および雇用人

これらの人々が立ち会って作成された遺言は、全て無効になるため気を付けて下さい。

自筆証書遺言書の書き方

ここでは、最も一般的な自筆証書遺言書の書き方を紹介します。用意する物は紙、筆記用具(万年筆、ボールペン等)、印鑑です。用紙に指定はないため何でも構いません。書式も縦書き、横書きどちらでも大丈夫です。一般的な遺言書の構成は以下になります。

1.表題
2.遺言である事が分かる前文
3.土地や建物の相続方法
4.預貯金の相続方法
5.その他、資産の相続方法
6.諸条件の指定
7.遺言執行者の指定
8.日付
9.遺言者の住所、氏名、押印
10.追記

下図が遺言書のサンプルです。

遺言書のサンプル

作成後に遺言内容を変更したい場合は、いつでも行えます。遺言を全て取り消したい時は、単に以前の物を破り捨て、新しく作成します。遺言は新しい日付の物が効力を持つため、内容の異なる新たな遺言書を日付を入れて作成しても構いません。その時、「平成○年□月△日作成の遺言は全部取消す」といった文言を入れる場合もあります。

一部を変更、取り消す場合は、訂正したい箇所を二本線で消し、横に新たな文言を記入します。さらに、訂正個所に押印し、欄外に「○行目、○字削除、○字加入」と記載し、署名します。間違えやすいため新たに作成する方が無難でしょう。

スポンサード リンク