mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

遺言とは?

遺言を書く事のメリット

遺言とは、故人が死後に自らの財産に関する相続を記した書面の事です。遺産相続に関しては、遺書が無い場合には法律によって、その相続方法が規定されていますが、「遺言による相続は法定相続に優先する」というのが原則となっています。

遺言を残すメリットには以下が挙げられます。

■相続人を選定出来る
遺言が無い場合は、法定相続に従って「法定相続人」に遺産が分配されますが、遺言書を書けば法定相続人以外の人物に、自らの遺産を分配する事が可能になります。例として内縁の妻(夫)、事実上の養子、子や孫の配偶者、お世話になった人々、慈善団体への寄付などです。

■遺産相続争いの防止
遺言書がある場合は、法律によってそちらが優先されます。あらかじめ遺産分与を決めておけば、後々の相続人達による争い、場合によっては法廷まで持ち込まれるようなトラブルを避ける事が出来ます。

遺言で残せる物

遺言に書きさえすれば、何かもその通りになるわけではありません。法的に効力を持つ物は以下です。

■身分に関するもの
法的に婚姻関係の無い男女の子の認知、未成年者の後見人の指定。

■財産の処分に関する事
残された財産の贈与、寄付、管理・運用の指定など。

■相続に関する事
遺産の相続の指定、遺産分与の指定などの委託、遺産分割の禁止など。

遺言を残すべき人

自分が遺言を残した方がいいかどうかは、以下の項目を読んで考えてみて下さい。

■法定相続人以外に残したい
■財産が多い
■事業を継がせたい人物がいる
■認知している子供がいる
■認知していない子供がいる
■婚姻届を出していない夫婦
■先妻の子と後妻の子がいる
■子供のいない夫婦

スポンサード リンク