保険に入らないという選択

Pocket

生命保険は必ず入らねばならないものではない

社会人になったら保険に入るのが当然だ、そんな風に思っている人は大勢います。しかし本当にそうでしょうか?

保険は未来の不安を保障してくれる優れた商品です。その未来の不安とは貯蓄不足による金銭的困窮です。そしてその金銭的困窮は扶養家族の数に比例して増大します。
つまり生命保険とは、

「貯蓄の少ない、もしくは低所得な扶養家族の多い人向けの商品」

なのです。保険会社のセールスレディや営業マンには、どんなに親切な人でも「保険は必要無いですよ」という言葉はあり得ません。生命保険の加入を考える際は、「入らないという選択肢」も念頭に置いて考えるべきです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする