タオバオと天猫から仕入れる

Pocket

中国輸入と輸出

個人輸入・輸出の柱の一つである中国系は、格安の中国製商品を仕入れ国内で販売、中国で人気のある日本製品を高値で販売の2通りです。

中国(アジア)の売れ筋商品は「日本製家電(炊飯器など)」「フィギュア」「紙おむつ」「化粧品」「馬油」「水筒」などです。

アニメグッズは中々本国て手に入らないので人気が高い。中国版Youtubeと言われる「youku」のランキング上位のアニメ関連グッズなどはすぐに売れます。

気を付けたいのはブランド品です。中国輸入は基本ノーブランド品のみと考えて下さい。ブランド品はほとんどが偽物であり、中国の関税で没収されてしまいます。ブランド品は欧米から仕入れるべきです。

輸入できない商品

■輸入禁止の物

・ワシントン条約に該当する物
・ブランド品
ブランド品にはメーカー発行の証明書が必要ですが、個人輸入には発行してくれないからです。

・医薬品
薬事法により禁止。

。液体の入った物
飲み物は勿論、香水、ライターも不可です。

・銃器
拳銃、小銃、機関銃、砲、これらの鉄砲弾及びけん銃部品、爆発物・危険物。

・コピー品
知的財産侵害物品(キャラクター商品や、偽ブランド品)。CD、DVD、書籍などはコピーが多いため中国関税で没収されやすい。

■輸入可能だが国内法で販売できない物

・技適マークが無い
無線機(スマホ、無線LANなど)を使うには、国内で技適マークを取得しなければなりません。無い状態で使用すると電波法違反になります。

中国ビジネスの要「タオバオ」と「天猫」

中国ビジネスをやる上で外せないのが「タオバオ(淘宝網:正式にはタオバオワン)」です。中国最大のショッピングモールサイトで約70%のシェアを持ちます。

もう一つが「天猫(テンマオ)」です。元は淘宝商城(タオバオモール)と呼ばれていました。タオバオも天猫もアリババグループが運営しています。違いはタオバオがB2C(ヤフオク)、天猫がB2C(楽天)である点です(詳しくは個人輸入の仕入れ先を参照)。天猫は法人しか出品出来ない、法人が出す保証金が高い、7日間返品が義務などタオバオに比べ安心感があります。

タオバオ・天猫から輸入する

タオバオを直接利用するには、

①タオバオID
②アリペイアカウントの取得と認証
③中国の銀行口座開設
④中国人保証人

が必要になります。とてもハードルが高い、海外AmazonやeBayよりはるかに面倒です。

支付宝(アリペイ)は中国のネットショッピングでよく使われる決済サービス。アリペイの登録は中国の銀行口座が必須で、現地で口座開設しなければなりません。さらに口座開設時は中国人の保証人をたてます。これだけハードルが高いと個人が副業として手を出すのは厳しい。そこで登場するのが「代行サービス」です。

※現在はクレジットカード決済に対応しています。詳しくは下記「タオバオで直接購入する」を参照。

代行サービスとは?

諸々の面倒なハードルをぐっと下げてくれるのが代行サービスです。簡単に言うと自分の代わりにタオバオで商品を買い、送ってくれる業者です。

タオバオ系代行は無数に存在し、まずは安い所で事故が起きても痛くない金額で輸入し、よい代行業者を選別していくのがよいでしょう。大抵の代行業者は天猫代行も兼ねています。

目安としては

・日本に拠点を持つ会社
・日本語でのコミュニケーション可
・お問い合わせ電話番号の記載有り
・オフィスを持っている

これらが満たされたからといって安全とは言えません。自己責任で選択するしかないでしょう。支払いの内約は、

タオバオの料金(代金と中国国内送料) + 送料(日本への国際運賃) + 代行手数料

になります。代行業者を使うならタオバオIDは必要ありません。下記は代行業者の一例です。

タオバオなび NHKで紹介された事もある代行サービス。購入代行、出品代行とも可。
■代行手数料
購入店舗数2業者以下の場合、1万円未満無料。1万円以上無料。
購入店舗数3業者以上の場合、1万円未満500円。1万円以上5%。
■為替レート
毎月1日の元のレート × 1.08倍の為替変数をかけた金額。
タオバオさくら ここは料金体系からタオバオの見方、購入方法など詳細に解説しており好感が持てます。
■代行手数料
2万円未満1000円。2万円以上3%。
■為替レート
通常レート + 1円。
タオバオ便 代行手数料無料の業者。無料は魅力ですがネット上にはいい話も悪い話も転がっています。
■代行手数料
無料
■為替レート
無し
チャイナマート タオバオを日本語で利用可能にしたサイト。購入はそのままチャイナマートを代行先として利用します。代行手数料が格安で、過去一年間の取引額で特別割引もあります。

しかし、余所はレートに+1円が相場、チャイナマートは+5円取ります。

■代行手数料
・おまかせプラン
~3人:商品代金の5%(最低500円)
4人~10人:商品代金の10%(最低1000円)
11人~:11人は11%、1人増えるごとに1%加算(最低100×出品者数)・一括直送プラン
商品代金の1%(最低100円)
※原則出品者5人まで
■為替レート
通常レート + 5円。

タオバオで直接購入する

以前の決済方法はアリペイのみでしたが、現在はクレジットカード決済に対応しています。これで昔より個人が直接購入しやすい環境となりました。しかし、カード決済は3%の手数料が取られます。

さらに、商品を日本へ発送してくれるかは出品者次第で、発送可能であってもやたら高い金額を提示してくる出品者もいます。

発送可能かどうかや、トラブルが発生した時のやりとりは当然中国語になります。こちらで大まかな流れとよく使う中国語が紹介されています。

個人で買い付けるなら少額ではメリットは少ない。例えば500元の商品を送料20元、レート20元の時に代行を使い購入するとします。仮に業者の手数料1,000円、レート+1円、EMS発送が1,980円とよくある内容の場合、

(500 + 20) × 21 + 1000 + 1980 = 13900円

かかります。では自分で購入する場合、送料が100元(海外発送は高い)と考えると、

(500 + 100) × 20 + 500 × 0.03 × 20 = 12300円

これ位の差です。これをどう見るかでしょう。個人的にはこの程度の差額なら代行業者を使います。もっと大きな買い物なら差額も開くため直接購入のメリットは増大します。

送料に関するトラブルとして、注文してみると記載通りではなく、もっとかかるから追加で入金してくれ、駄目なら返金を選んでくれというのもあります。

中国を相手にした取引は何かとトラブります。それでも直接購入するならタオバオではなく、出品規約の厳しい天猫を利用するのをおすすめします。

タオバオに出品する

タオバオに出品するには、輸入するのと同じ手間がが掛かります。しかも、中国では出品者と購入者がチャットでやりとり(在庫確認、価格交渉など)するのが当たり前であり、当然中国語での会話になります。商品名、説明文も簡体字で書かねばならず一個人がやるには大変です。

最も手軽なのはここでも出品代行サービスを使う事です。大抵の代行業者は購入と出品を兼ねています。

タオバオの商品ページの見方

一口にタオバオと言っても中国版、香港版、台湾版、グローバル版(全球版)などがあります。右上の「网站导航」の「地區版本」からバージョンを選べます。日本からタオバオにアクセスするとグローバル版に飛ばされます。

タオバオのバージョンにより表示が違うので、必要な部分だけ簡単に説明します。

タオバオの商品ページの見方1

商品名の「代购」は代理購入の事。向こうでもアメリカ、日本、韓国などから代理で購入、発送する代行ビジネス業者がいるのです。

送料は左が住所(代行業者の住所を選択)、右の快递が送料です。免运费は送料無料の意味。郵送方法は「平郵」「快递」がありますが、平郵は遅くて保証は無く安い、快递は速くて保証が有り高い。

「チャットの可否」はアイコン(通称ピチョン君)が青色は可、灰色は不可。中国では売り手と買い手がリアルタイムチャットで商品内容や在庫確認、価格交渉するのが一般的です。灰色はメールでのやりとりになります。

タオバオの商品ページの見方2

【宝贝详情】 商品説明
【累计评论】 レビュー(コメント)
【成交记录】 販売実績
【专享服务】 個々の保証の有無

タオバオの商品ページの見方3

詳細部分に関して「近30天退款率」で表示される項目の意味が下記です。

【因质量问题退款】:品質問題で返品・返金
【未收到货退款】:商品が届かないため返金
【买家无理由退款】:無条件返品・返金(7日間返品交換対応の中国版クーリングオフ)

保証に関してはこちらが参考になります。

タオバオの商品ページの見方2

次に「出品者評価」の見方です。ハート、ダイヤ、王冠がありますが、下に行けば行くほど評価は高い。ハートの業者は流石に危険です。

お店の選別

タオバオを個人も自由に出品しているので中には詐欺師もいます。一概にこれなら安心という条件はありませんが、以下が一応の目安と思って下さい。

・「成交记录(交易成功)」を調べ沢山出荷しているか調べる。
・出品数が少なすぎないかチェック
・「信誉」がハートの出品者は避ける
・「好评率」をチェック。最低でも95%以上が望ましい

天猫の商品ページの見方

天猫の商品ページの見方1

多少レイアウトが異なりますが、基本はタオバオと変わりません。

左上のエリアにカーソルを乗せるとポップアップが表示されます。その中の店舗名をクリックすると店舗の詳細評価ページへ飛びます。

天猫の商品ページの見方2

同ページの下部です。

天猫の商品ページの見方3

ここも基本タオバオと同じです。

税金

EMSで16,666円未満で購入すれば非課税で済みます。

詳しくは「個人輸入&輸出とは?」をご覧下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする