遺族基礎年金の仕組み

Pocket

遺族基礎年金とは?

遺族基礎年金は18歳未満の子供を持つ妻や、両親のしない18歳未満の子供に支給される年金です。

■妻
死亡当時、18歳未満(または20歳未満で障害等級1級、2級)の子と生計を同じくしていた妻。

■子
妻がいない時(すでに死亡、または離婚して別居している場合)の18歳未満の子(または20歳未満で障害等級1級、2級の子)。

受給の条件

遺族基礎年金は、本人(被保険者)が次の期間中に死亡している場合に受給資格が発生します。

①国民年金に加入中である
②かつて加入していて現在加入していないが、60歳以上65歳未満で日本在住である
③老齢基礎年金を受給中である
④老齢基礎年金の受給資格者である

保険料を納めていないと遺族給付は貰えない

死亡時期が①と②に該当する場合、保険料納付要件があります。死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までの保険料を納付すべき期間のうち、3分の2以上が保険料納付済期間または保険料免除期間である事です。

保険料納付要件の特例

3分の2以上の保険料納付済要件を満たしていなくても、平成28年3月31日までなら死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までの直近1年間に保険料の滞納がなければよい事になっています。

遺族基礎年金の支給額はいくら?

基本年金額 772,800円(平成26年度価額)

が支給されます。ここからさらに子の数により加算されますが、「子のいる妻と子が遺族の場合」と「子だけが遺族の場合」で加算額が違います。

子のいる妻と子が遺族の場合

■子の1人目 222,400円
■子の2人目 222,400円
■子の3人目以降 各74,100円

子だけが遺族の場合

■子の1人目 加算無し
■子の2人目 222,400円
■子の3人目以降 各74,100円

寡婦年金

国民年金の第1被保険者が死亡し、遺族基礎年金が受けられない場合は「寡婦年金」が貰えます。支給要件は以下です。

■60歳以上65歳未満の寡婦である
■死亡した夫に扶養されていた妻で、夫が死亡するまでに10年以上の婚姻期間がある(事実婚を含む)
■老齢基礎年金の受給資格を満たしている夫が死亡した場合
■死亡した夫が老齢基礎年金を受けていない場合、または障害基礎年金の受給権が無い場合

寡婦年金の支給額は「老齢基礎年金の4分の3の額」になります。

死亡一時金

死亡一時金の支給要件は以下です。

■死亡した人が国民年金の第1被保険者として、保険料を3年以上納めている
■死亡した人が老齢基礎年金、障害基礎年金の両方とも支給された事がない
■遺族の中に子(18歳の始めての3月31日までの子、または20歳未満で障害等級1、2級の子で現に婚姻していない子)がいないため遺族基礎年金が貰えない

死亡一時金は貰える遺族に優先順位があります。1位配偶者、2位子、3位父母、4位孫、5位祖父母、6位兄弟姉妹です。

死亡一時金の金額

死亡一時金は納付済期間に応じて以下のようになっています。

保険料納付済期間 死亡一時金の額
3年以上15年未満 120,000
15年以上20年未満 145,000
20年以上25年未満 170,000
25年以上30年未満 220,000
30年以上35年未満 270,000
35年以上 320,000

寡婦年金と死亡一時金はどちらか一方だけ

寡婦年金と死亡一時金は両方受け取る事は出来ません。どちらか一方のみ支給となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする