信用評価損益率とは

Pocket

信用評価損益率

信用取引を行っている投資家がどれくらい含み益や含み損を抱えているか示す指標。評価損益を信用買い残で割った割合で算出する。信用取引では利益が出るとすぐに利益確定されることが多いため、一般にはマイナス圏であることが多い。プラス圏だと天井の目安とされる。マイナス20%以下では追証が発生しやすくなるため、底入れのサインとされる。

信用評価損益率は個人投資家の買い余力を示す

信用評価損益率を見ることで個人の投資余力から相場の過熱度合いを見ることができるのです個人は含み益が出るとポジションを解消するため、一般的にはマイナス(含み損の状態)であることが多い。信用取引の対象は値動きが軽い中小型株であることが多いため、中小型株の天井や大底を探るのに適した指標といえます。

一般にはプラス圏だと相場の天井とされます。先に述べたように、評価損益率がプラスなら含み益が出ている状態のため利益確定売りが出やすいからです。

逆にマイナス20%以下だと大底とされることが多い。評価損益率がここまで低下すると、追加の補償金差し入れ(追い証)が発生します。このため、損失拡大を防ぐために信用買いの投資家は手仕舞い売りに走りやすくなり、売り物がここで一巡するということです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする