クレジットカードは借金である

Pocket

カードの一括払いはマイナス金利の借金

お金を背負う男性

クレジットカードで商品を買うのも、一時的にお金を立て替えている時点で借金と言えます。クレジットカードの一括払いは実はマイナス金利の借金であり、借金するほど利息が貯まっていきます。なぜこのような事が起きるのでしょうか。

例えば15日締め、翌月10日払いの場合、5月16日に10万円の買い物をすると、支払いは7月10日になります。締め日の翌日に買い物をすれば最長55日間、クレジットカード会社から10万円を無利子で借りている事になるのです。

利用者は現金で買おうとカードで買おうと、商品の購入金額は変わりません。ではクレジットカード会社はどうやって利益を上げているのでしょう。それは販売店からの手数料を徴収しているからです。

一般にカードに対応している店舗は、クレジットカード会社に3%程度の手数料を支払っています。我々が1万円の買い物をすると、その内の3%の300円を引いた9,700円が店側に支払われているのです。

しかも、カードは利用するとポイントが貯まるため、その点でもお得と言えます。同じカード支払いでもリボ払いや分割払いは利息が高く、全く得にはなりません。

カードの利息は現金払いの客が支払っている

他人を働かせる人

販売店はいわばお客のした借金の利息を支払わされているわけですが、それでやっていけるのでしょうか。カード会社に3%の手数料契約をしているカード払いOKのお店は、全品3%値引きで売っているのと同じです。これでは販売店の収益を圧迫してしまいます。

そこで販売店は全ての商品を、カード会社に支払う手数料を上乗せした値付けにしているのです。これによっては販売店は損せず、カード会社も儲かります。では誰が損しているかという現金払いで買っているお客です。

全ての商品にカード会社の手数料が上乗せされているなら、現金払いのお客さんはカード利用者の利息まで払わされている事になります。見ず知らずの人間の借金の利息を払わされるのですから、堪ったものではありません。

最近よく見る「現金値引き」ですが、これは元々高く買わせていた現金払い客に、カード利用者の利息分を引いた額で販売しているだけですから、実際は値引きでも何でもなく割高商品を定価に戻したというだけです。

現金払いの客にポイントをつけるサービスもありますが、これも手数料分かそれ未満の額をポイントで還元しているだけです。しかも、ポイントは必ず使うとも限らず未使用分は全て販売店の利益になり、ポイントを使うためにはまた自分の店で買い物をしてくれる、さらに現金払いは現金がすぐ手物に入るため資金繰りも楽になる。

こういった諸々の事情を背景に、現金値引きやポイント制を導入するお店が増えていったのです。

年会費無料の落とし穴

落とし穴に落ちる人のイラスト

カード会社の中には年会費無料と謡っているところもあります。大抵は年間1,000円~2,000程度掛かるカードが多いためお得に感じますが、利用額やポイント還元率で損をする場合があるため注意が必要です。

例えば年会費無料、還元率0.5%のAカードと、年会費2,000円、還元率1%のかBカードがあったとします。400,000円分使うと

Aカードは
400,000円 × 0.5% = 2,000円分

Bカードは
400,000円 × 1% ー 年会費2,000円 = 2,000円

となり並びます。つまり、1年で400,000円以内しか買い物をしないのならAカードが、400,000円を超える買い物をするのならBカードがお得だという事です。

リボ払いの恐怖

恐怖で顔を覆う女性

リボルビング払い、通称リボ払いは、月々の支払額を一定にして分割払いする方式を言います。年利は10%~15%とお世辞にも低いとは言えない利率です。このリボ払いはどんなに支払総額が増えても支払い額は一定になります。そのため利用者に借金をしている意識や恐怖が薄れやすく買い過ぎる傾向があります。

支払総額がどんなに増えても月々の支払額が一定という事は、返済期間が延びているという事です。リボ払いの年利は10%~15%ですから、仮に毎月2万円をカードで買い、毎月5千円でリボ払いしていくと、毎月1万5千円借金が増え続ける事になります。そして増えた総額に年10%~15%の利息が発生します。

この生活を1年続けると、毎月5千円で返済して完済まで3年以上掛かる事になります。リボ払いというのは、一括で返済できる借金をわざわざ返済期間を延ばして貰い、高い金利を長期間適用させて搾り取って貰おうという仕組みなのです。

リボ払いは自分が今いくら借金しているか分かり難く、借金している意識も薄れてしまいます。アメリカではこのリボ払いが主流で、アメリカがカード破産大国なのはリボ払いの所為だと言われています。リボ払いはろくな方式ではないので決して使わないようにしましょう。すでに利用した場合は早期返済する事をお勧めします。

ちなみにリボ払いにするとポイント2倍などと謡っているところが多いですが、仮にポイント還元率1%なら2%、リボ払いの年利は10%~15%ですから年利15%が年利13%になりますよ、と言うだけです。

ショッピング枠とキャッシング枠

外国人男性のピース

クレジットカードにはショッピングとキャッシングの2つの機能があり、それぞれに限度額が設定されています。しかし、両方限度額一杯まで使えるという意味ではなく、例えばショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円の場合、ショッピングは50万まで認められ、キャッシングは20万までしか認めないという意味です。

キャッシングだと20万円までしか借りられないのに、ショッピングならさらに30万円分使う事が出来る。ここに目を付けた人達により、ショッピング枠を現金化する方法が様々考えられてきました。

代表的なのはデパートの商品券やビール券などの金券で、これらは換金率が高いのでよく金券ショップに持ち込まれていたようです。しかし、換金率の高いと言われる金券も85%程度ですからコストが高すぎます。

ショッピング枠50万円で金券を買い、それを42万5千円に換金してもらい料金は翌月引き落とされる場合、42万5千円が1月で50万円になるわけですから利率は約11.8%、それを年利換算すると約142%!にもなります。消費者金融も出資法の上限20%程度ですから、とんでもない暴利という事が出来ます。

現在ではどこのカード会社もショッピング枠の換金を禁止しており、発覚すればカードの利用停止や会員資格の取消も考えられ、さらに年利換算しても割りが悪すぎるので決して行わないよう注意して下さい。